横浜市の中学校で給食をどこも作っていないことに驚いた


私が住んでいる横浜市で、市立中学校の全部でお昼のお弁当を購入できるようになった
という記事を見かけました。

私が中学へ通っていたときはお弁当の販売というものはなくて、パンの販売だけでしたが、
母がいつも具合が悪いせいかお弁当を作らないことがよくあり、よくパンを買っていました。
パンよりご飯の方が好きなので、たまにだとパンでもいいのですが、
あまりそれが続くとパンも嫌になってくるので、
ごはん物も売っていればいいなあと思っていました。
今の中学生はお弁当を持っていかなくても、パンだけではなく
ご飯も食べられことができるのはいいです。


さらに記事を読んでいくと、最近は小学校だけではなく中学校でも給食を出している
ところが多くて、
全国平均で8割ほどの公立中学校で給食を出しているそうなのですが、
大阪府と神奈川県だけは異常に低くてたったの1割ほどの公立中学校でしか給食を
提供していないそうです。
この数字の低さに驚きましたが、横浜市は何と0%だと知ってさらに驚きました。

全国的に中学校での給食も当たり前になっているのに0%とはどういうことなのでしょう。
弁当持参と給食を考えると給食の方がいいと思うのですが
今まで市は何をやっていたのでしょう。
今後も市は財政難なので給食導入に積極的ではないようです。